丹波落花生

丹波落花生

丹波篠山Tamba Sasayama

丹波篠山

丹波篠山市になりました!

丹波篠山市って、丹波市と篠山市が合併したの!?

いえ!違います。

元号が「平成」から「令和」に変わると同時に、「篠山市」は「丹波篠山市」に変わりました。

丹波篠山と言えば何を思い浮かべますか?

丹波栗、丹波黒枝豆、黒豆、丹波松茸、牡丹鍋・・・昔から丹波篠山は食の宝庫です。

丹波地域は、兵庫県側は篠山市及び丹波市。京都府側は亀岡市、南丹市、船井郡京丹波町、綾部市、福知山市の2府県にまたがります。
江戸時代には、一国を有する大名はなく、7藩(丹波亀山藩、園部藩、綾部藩、山家藩、篠山藩、丹波柏原藩、福知山藩)を有しましたが、そのうち丹波亀山藩と篠山藩は京都や大坂に近いため幕府の重責を担った譜代大名による移入封が多く、徳川幕府が重要視する藩の一つでありました。
すなわち、丹波篠山とは市制都市名ではなく、現在の篠山市(丹波地方の篠山)を総称し、古来より『丹波篠山』と呼ばれているのです。

そして2019年5月1日、元号が『平成』から『令和』に代わると同時に、『篠山市』は『丹波篠山市』に変わりました。

そんな丹波篠山は、交通の便にも、自然に恵まれ、最近では観光地としても有名です。

春には篠山市のシンボル木である桜が篠山城周辺だけでなく、篠山川沿いをはじめ市内のあちこちで咲き誇ります。

そして、秋には丹波篠山の秋の味覚を求めて。週替わりで催される味覚まつりには市内全体が大変賑わいます。

 

丹波篠山ほんまもんの味を求めて

丹波篠山の枝豆は一味違う!

大昔、湖の底だったとされる丹波篠山の土壌は粘土質を多く含み、山から流れ込んでくる豊富な水や栄養をしっかりと蓄えています 。さらに、盆地特有の朝夕の寒暖差と丹波霧と呼ばれる濃霧は、農作物の中に養分を貯蔵し、黒大豆や山の芋、丹波栗など丹波篠山の特産物を育みます。

丹波黒の枝豆と言えば、今では篠山のみならず関西のあちこちで作られていますが、丹波篠山の枝豆はやはり一味違います。

初めて枝豆狩りに来られたお客さんは、黒枝豆の株の大きさに驚き、パンパンに膨らんだ枝豆の大きさに驚き、そして、その枝豆の甘さと濃くにさらに驚く。

丹波篠山の枝豆を食べると、他所の枝豆は食べれない。絶対他所では味わう事のできない丹波篠山の枝豆を是非一度ご賞味下さい。

そして、そして、、、
当サイトで紹介するのが「丹波落花生」

今後間違いなくヒットします。

いえ、すでにヒットしかけてます。

乗り遅れる前に是非ご賞味下さい。


<< 前のページに戻る