丹波落花生

丹波落花生

茹で落花生Boil Peanuts

茹で落花生

茹で落花生について

関西では、落花生以上に珍しいのが茹で落花生です。
なぜ茹で落花生が珍しいのか

答えは簡単!
茹で落花生にできるのは、生の落花生だけなんです。

よく殻付きで販売されているのは、乾燥した落花生を炒ってあるんです。

自分で掘り取ったからこそできる茹で落花生。

関西では馴染みが無いのも納得ですね。
最近では、居酒屋や料理屋さんにも出るようになってきたみたいですが・・・。

茹で方は至ってシンプル。
黒枝豆と同様、殻ごと塩ゆでにするんです。
多めの水に、黒枝豆を茹でる時より多めのお塩。
沸騰する事40~50分と少し長いです。
試しに食べてみて、まだ硬いようなら余熱で放置して下さい。
圧力鍋なら20分前後で茹で上がります。
長い時間放置していると良く味が染みます。

落花生がたくさん掘れた方は、塩ゆでした後冷凍保存して下さい。
長期保存ができるので、一年後でも半解凍で食べる事ができます。



さらに美味しい食べ方を見つけました!

冷凍落花生

冷凍保存した茹で落花生は、半解凍で食べれますが
バーベキューの時に冷凍落花生を焼くと、水分がとんで甘みが増してホクホクです。


是非一度お試し下さい。

<< 前のページに戻る